ネットビジネスとリアルビジネスの違いを解説

「ネットビジネスとリアルビジネスって何が違うのだろう」と思っている方はいないでしょうか。
それぞれにメリットデメリットと特色があります。
今回は、ネットビジネスとリアルビジネスの違いについて、解説していきます。

ネットビジネスとリアルビジネスの最も大きな違いは、これだと思います。
どうして、たくさんの人がネットビジネスに参入してくるのでしょうか?
それは、「初期投資が少なくて済むから」です。

リアルビジネスでは、何百万もの資本を用意しなければいけませんよね。
しかしながら、それで確実に成功できるわけでもない。
一方で、ネットビジネスでは、月1000円で運用出来てしまったりします。
その差は歴然ですよね。

一方で、ネットビジネスにもその反面でデメリットがあります。
それは何かと言うと、「競争率が激しい」のです。
リアルビジネスでは、例えば車屋さんだとしたら、「その近辺の車屋さん」がライバルになりますよね。
一方で、ネットビジネスの場合は、「全国の人」がライバルになります。

そして、ネットビジネスでは、トップクラスの人間にならない限り、中々人が集まってきません。
なぜなら、リアルビジネスとは違い、「トップにすぐにアクセスできるから」です。
しかし、トップになったときの恩恵は、リアルビジネスの成功よりは遥かに大きなものになり、月に1000万、1億といった大金を得る事が可能になっています。

また、ネットビジネスの多くは、「原価がかからない」という特徴があります。
リアルビジネスだと、商品の原価はもちろん、給料や水道光熱費や家賃等、様々な費用がかかります。
一方で、ネットビジネスでは、原価がほとんどかかりません。

例えば、アフィリエイトで利益が100万円出たとしたら、それがほぼそのまま利益になるのです。
リアルビジネスでは、先に書いた通り、様々なものが引かれ、最終的には僅かな利益しか残りません。

では、どちらがおすすめなのでしょうか?
おすすめは、圧倒的に「ネットビジネス」です。
確かに、リアルビジネスに比べたら競争が激しいのは否めません。
ですが、仮に競争が激しくても、メリットがあまりにも多すぎます。
起業するためのお金がほとんどかからず、利益をそのまま収入に出来て、高い収入を期待できるのですから。

今回は、ネットビジネスとリアルビジネスの違いについて解説しました。
私はネットビジネスがおすすめですが、最終的には皆さんで選んでくださいね。